海外の育毛剤の注意点

海外でバカ売れ!という育毛剤はいくつかあります。
海外製の育毛剤は効果がありそうだ
という思いもあるでしょうが、
日本人と外国人とでは食生活も体質も全く違いますので
使用するうえでの注意すべき点はいくつかあります。
海外製の育毛剤は海外用として作られています。
成分の配合濃度にもよりますが、
やはり日本人には刺激が強いと思っておきましょう。
日本に比べると海外では医薬品の規定が甘いため、
通常で市販されている育毛剤にも
医療成分を多く配合した育毛剤が多いのです。
日本では医療機関の処方箋がなくては入手できない成分でも、
海外では簡単に手に入るといった状況です。
やはり心配なのは副作用です。
海外製育毛剤の有効成分は
フィナステリドやミノキシジルです。
これらの濃度が高い育毛剤は日本では医薬品扱いとされており
処方箋が必要です。
しかし海外では簡単に入手できますし、
また海外からの個人輸入という手段でも
手に入れることができます。。
個人輸入での使用は自己責任となります。
副作用があると言うことを頭に入れ 、
使用するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>