加齢と諦める前に育毛剤を

年齢とともに色々なところが衰えてきます。
肌の新陳代謝が衰え、乾燥したり、
白髪が増えたり抜け毛が増えたり薄毛になったり・・・
本当に色々なところに変化が現れます。
肌の乾燥や白髪は保湿したり白髪染めで
改善できますが、薄毛は隠しようがありません。
加齢だから仕方がないのだろうと
諦めている方も実際には多いようですが、
本当に諦めても良いですか?
髪が抜けやすくなる原因はヘアサイクルの乱れです。
若い頃は正常だったヘアサイクルも、
加齢とともに乱れはじめ成長期が短くなってしまいます。
その反面、退行期と休止期が長くなりますので、
髪の成長段階よりも抜ける期間の方が
長くなってしまうために髪は細くコシがなくなり
抜け落ち、薄毛になっていくのです。
加齢で機能が衰えることは仕方がないのですが、
それを少しでも阻害し、いつまでも若々しく
過ごしていきたいものです。
髪にボリュームがなくなると、どうしても見た目年齢を
下げてしまいます。
加齢だから諦めるのではなく、
正しく育毛剤を使い規則正しい生活を行い、
髪のボリュームを取り戻していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>